視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 近藤春菜

近藤春菜


近藤春菜(ハリセンボン)(お笑いタレント)

生年月日:1983年2月23日

出身:東京都

主な略歴:


桐朋学園大学短期大学部(現・桐朋学園芸術短期大学)日本文化専攻卒業後、東京吉本のNSCに入り、箕輪はるかさんと「ハリセンボン」のコンビを組み活動。また俳優の角野卓造さんに容姿がそっくりのことから大ブレーク。また2007年には漫才選手権M1で決勝まで進むなど、テレビ、舞台などで活躍。


東京NSC9期生の近藤春菜さん(ハリセンボン)もレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、


左眼0.04⇒1.5

右眼0.04⇒1.5


に視力が回復されました。ちなみに視力が回復した後も「近藤春菜=眼鏡」というイメージが定着しているため、テレビなどでは度が入っていない「伊達眼鏡」をかけています(オフのときは眼鏡を外しているそうです)。


?近藤春菜(ハリセンボン)さんのレーシック体験談と感想?


「じつは、レーシックの手術を受けた大きな理由のひとつが「彼氏をつくること」だったんですけど、鏡で自分の顔を見ると、手術のあと、目が大きくなった気がします。自分で言うのもなんですが、可愛くなったような(笑)。」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved