視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 井上康生

井上康生


井上康生(柔道家)

生年月日:1978年5月15日

出身:宮城県

主な略歴:

・シドニーオリンピック金メダル(2000年)

・アテネオリンピック(2004年)では日本選手団の主将に選ばれるも準々決勝で敗退し2大会連続メダル獲得ならず(敗者復活も敗退)。

・世界柔道選手権(1999年・2001年・2003年)金メダル

・アジア大会(1998年・2002年)金メダル

・2008年5月に引退表明。


シドニーオリンピック(100kg級)で金メダルを獲得するなど、長年、日本の柔道界を背負ってきた井上康生さん。2008年1月にはタレントの東原亜希さんと結婚し、東原亜希さんもレーシックを受けられています。


オリンピック金メダリストの井上康生さんも視力回復手術レーシックを受けられ、


左眼0.6⇒1.2

右眼0.15⇒1.2


に視力が回復されました。


?井上康生さんのレーシック体験談と感想?


「肉眼でしっかり見えることがとてもいいですね。手術前は左右のバランスが悪かったので眼が疲れやすかったものですが、今では本を読んでいても平気ですし運転も好きなので本当に助かります。柔道の観戦をしていても細かい動きや素早い動きがしっかりと見えるのでいいですね。技術面も含めて細かい部分の動きが見えるので分析がしやすくていいです。仕事の書類に眼を通すのも楽になりました。日常的にも不便なことがまったくなくなりましたね。海外視察ではいろんな場所行きますが、自分の肉眼できれいに見えるのでとても感動しますしとにかく快適です。」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved