視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 黒田博樹

黒田博樹


黒田博樹(プロ野球選手)

生年月日:1975年2月10日

出身:大阪府

主な略歴:


・2005年:15勝を挙げ最多勝、ベストナイン、ゴールドグラブ賞

・2006年:防御率1.85の成績で最優秀防御率

・2007年オフにFA宣言しアメリカメジャーリーグ「ロサンゼルス・ドジャース」に入団

・2008年メジャー1年目は「9勝10敗、防御率3.73」の成績を残し、プレーオフではディビジョンシリーズのシカゴ・カブス戦で6回1/3を無失点で勝ち投手に、リーグチャンピオンシップシリーズではフィラデルフィア・フィリーズ戦で6回0/3を2失点に抑え勝ち投手になりましたがチームはワールドシリーズ進出ならず。


1996年専修大学から広島東洋カープを逆指名しドラフト2位で広島に入団。その後2007年オフにFA宣言し、メジャーリーグ「ドジャース」に入団した黒田博樹さんもレーシック(視力回復手術)を受けられ


左眼0.4⇒2.0

右眼0.3⇒2.0


に視力が回復されました。


?黒田博樹さんのレーシック体験談と感想?


「レーシックを受けてまだ日が浅いので、プレーに関してどうメリットを感じるのかはこれからですが、手術直後からよく見えることの喜びを味わっています。コンタクトを使用している時は、試合の途中、急に目がかすんだり視界が曇ったりして不便だなあと思っていました。でも、今後はこんな不便さから解消されたので、試合に集中しやすくなると思います。視力はもちろん、自分自身への期待も高まっています。いい結果が残せるよう、アメリカでも頑張ります。どうか応援よろしくお願いします。」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved