視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 坂下千里子

坂下千里子


坂下千里子(本名:坂下恭子)(タレント)

生年月日:1976年4月19日

出身:京都府

主な略歴:


亜細亜大学短期大学部在学中の1994年、第2回 アルペンTVCMイメージガール・オーディションでグランプリを受賞し、同CM出演で芸能界デビュー。その後、『王様のブランチ(TBS)』のブランチリポーター(ブラン娘)でブレイクし、さまざまなバラエティー番組、CM、ドラマなどに出演。2008年にテレビカメラマンと結婚し、同年11月に女の子を出産。


タレントとして活躍されている坂下千里子さんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、


左眼0.2⇒1.5

右眼0.09⇒2.0


に視力が回復されました。


?坂下千里子さんのレーシック体験談と感想?


「不安とか正直無くて、3年間悩んでいた時は「怖いんじゃないか?」「どうなんだろうか?」って思っていたけど、手術を決めてからは、早く手術日が来ないかすごい、楽しみでしょうがなかったですね。

手術後は、2.0以上あるんじゃないかというぐらい、全てがはっきり見えすぎて、ものすごい向こうにある小さい字までが見えるような気がしました。ターザンじゃないけど、その先の先まで見える気がしていました。普通、視力検査しても2.0までしか出ないじゃないですか、でももっと調べたら、5.0ぐらいあるんじゃないかというぐらいの気持ちになって、ちょっと興奮しました。」


坂下千里子さんが視力回復手術レーシックを受けられたのは品川近視クリニックです(坂下千里子さんのレーシック体験談もあります)。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved