視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 奥寺康彦

奥寺康彦


奥寺康彦(元日本代表サッカー選手)

生年月日:1952年3月12日

出身:秋田県

主な略歴:


1970年に古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)に入部し、1976年に日本代表に初選出。1977年にドイツのブンデスリーガー1.FCケルンと契約を交わし日本人初のプロサッカー選手となり、9年間ブンデスリーガーで活躍後、1986年に日本に復帰し、1988年、現役を引退。

現役を引退後、「東日本JR古河サッカークラブ(現・ジェフ市原)のゼネラルマネージャーに就任し、1996年には監督に就任したが成績不振から1シーズン限りで退任。


元プロサッカー選手の奥寺康彦さんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、


左眼0.5⇒2.0

右眼0.1⇒1.0


に視力が回復されました。

?奥寺康彦さんのレーシック体験談と感想?


「今まではコンタクトをつけて見えていた物が、今ではコンタクトの必要も無く、近くも遠くも見え、サッカー観戦の時も、選手の動き、顔、背番号が良く見えるようになり、選手達へ良いアドバイスが出来ます。非常に満足しています!」


奥寺康彦さんが視力回復手術レーシックを受けられたのは品川近視クリニックです(奥寺康彦さんのレーシック体験談もあります)。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved